前回のブログ記事では、Kubernetesの話と、ThoughtSpotがKubernetesを開発インフラのニーズに合わせてどのように取り入れたかをご紹介しました。今回はその続報として、最近の興味深いデバッグ経験につい […]

(注:2017/04/20、いただいたフィードバックを元に翻訳を修正いたしました。修正内容については、こちらを参照ください。) 要約 HTTP/2にはHTTP/1.xに比べて多数の改良点がありますが、カオステストを行った […]

リモートワークのストレス ソフトウェアエンジニアリング業界では、リモートワークは大いに理にかなった働き方です。大抵はPCとインターネット接続さえあれば仕事ができるからです。よって、決まったオフィスに毎日通って働く理由は比 […]

こんにちは。私はSergey Kamardin(セルゲイ・カマルディン)です。Mail.Ru(ロシアの電子メールサービス会社)で開発者をしています。 この記事では、どのように私がGoを使って高負荷対応のWebSocket […]

訳注: 前編はこちらになります。 マルチスレッドのパフォーマンス HPETベースのcurrentTimeMillis()の動作時間は640nsです(150万回/秒)。この時間は、コア1つあたりなのか、システム全体について […]

注釈:500,000単語収録の辞書内における1,000単語の検索時間 X:最大編集距離 Y:検索時間/ms 従来、スペル修正や文字列のあいまい検索には、BK木が適していると言われてきました。しかし、これは本当でしょうか。 […]

このシリーズの最初のパート(訳注:POSTDの翻訳記事へのリンクです)で簡単にBFソース言語を紹介し、最適化レベルが高まる4つのインタプリタについて述べました。実際にJITをいじる前に背景を知る上で役に立つと思います。 […]

本記事は、JITコンパイラに関するシリーズの第1回目です。計画としては、シンプルな入力言語を使ってそのインタプリタとJITをいくつか開発し、段々と複雑なものにしていくつもりです。このシリーズが終わるまでに、JITコンパイ […]

今日はJavaライブラリの中でも非常に基本的でよく使われるメソッド、System.currentTimeMillis()を見ていきましょう。 このメソッドはミリ秒単位の精度で現在時刻を知らせます。このことから、このメソッ […]

要素の削除についても測定してみましょう。ここでも、キーを整数にして3つのテストを、キーを文字列にして3つのテストを行いました。使ったのは4バイト値、32バイト値、1024バイト値です。4バイト値の図は前掲のとおりです。3 […]

テーブルを、異なるmax_load_factor()と比較する 先に示した最後のグラフは、私のテーブルとgoogle::dense_hash_mapがmax_load_factorに0.5を使う一方で、std::unor […]

(編注:誤訳、意味の分かりづらい訳を修正しました。リクエストありがとうございました。) 毎日、Pusherは数十億のメッセージをリアルタイム、つまり送り元から宛先まで100ms未満で送信しています。どのようにしてそれを可 […]