人類史上、人々が今のように自分の顔から数10cmの距離にある明るい画面を凝視していたときはありません。その1つの副作用がコンピュータービジョン症候群(Computer vision syndrome)ないしCVSと呼ばれ […]

(ソフトについて問い合わせがあったので記入しておきます。Sublime Text 3にMaterializeの”Spacegray Light”を適用、フォントはUbuntu Mono Boldで […]

最近、Amazonのエンジニア採用担当者から連絡を受けました。Amazonは、ベルリンオフィスのチームのソフトウェアエンジニアの採用面接をしていたのです。 連絡を受けてから契約書にサインするまでのプロセス全体は、2カ月で […]

2013年1月のある日、気が付くと私はインターネットで時間を無駄遣いしていました。 これは、残念な発見でした。博士課程の2年半は、みんな忙しくなります。私もそうでした。酵母遺伝学の研究発表が控えていましたし、ニューヨーク […]

目次 1 この記事は何? 2 注意 3 パートタイムの博士号を取得する理由 3.1 長年の夢をかなえる 3.2 より良いエンジニア、研究者になる 4 博士号取得までの道のり 5 パートタイムの課題と利点 6 博士号の研究 […]

この文章は、2015年10月9日にシカゴで開かれたカンファレンス、CityCodeでのプレゼンテーションを書き起こしたものです。同じ内容をビデオと印刷向けPDF文書でも公開しています。 — Chapter 1 私は、コン […]

新人の開発者が繰り返し突き当たるテーマがあります。プログラム言語を1~2種類勉強するのに時間を費やしたり、プログラミングの演習を行ったりすることに関して問題はないと感じていても、学んだことをどう応用していいのか分からずに […]

私がある卒業生と話していたときのことですが、彼が、自身のキャリアの選択を後悔しているベテランプログラマが書いた記事について話し始めました。このプログラマは、コーディングに専念するために管理職への昇進を拒否しましたが、その […]

『Autobiography of a Blind Programmer(視覚障碍者プログラマの自伝)』という記事を投稿した後、コンピュータをどのように使っているのか、どのようにコードを書いているのか、そしてどのように抽 […]

この記事の前編はこちら:プログラミング面接を突破する方法 (前編) 5. 成果を強調する される可能性のある質問の3種類目は、経験です。面接官は、過去に完成させたプログラミングプロジェクトについて話すよう要求してきます。 […]

本稿は本来、当サイト会員にお渡しする資料として作成したものですが、このたび公開することにしました。 プログラマとして腕が立つということが、その職で入社面接を受けた時の合否にどれほど影響するかというと、意外なほど重要性は低 […]

私はY Combinatorの2016冬季フェローシップに選ばれたスタートアップのテクニカル・ファウンダーです。たった3年前にはコーディングのことを全く知らなかったことを思うと、すこしシュールにも感じられます。この記事は […]