64ビットモードへの移行 Kernel booting processもパート4になりました。4回目の今回は、プロテクトモードでの最初の一歩についてご紹介します。CPUがサポートするロングモード、SSE(ストリーミングS […]

ビデオモード初期化とプロテクトモードへの移行 カーネル起動処理シリーズのパート3です。前回のパートでは、set_videoルーチンをmain.c.から呼び出す直前までを扱いました。今回は、次の内容を見ていきます。 カーネ […]

カーネルセットアップの第一歩 前回のパートでは、Linuxカーネルの内部について探り始め、カーネルをセットアップするコードの最初の部分を見ていきました。前回の投稿はarch/x86/boot/main.c内のmain関数 […]

ブートローダからカーネルまで これまでの私の ブログ投稿を読まれた方はご存じかと思いますが、しばらく前から低水準言語を使うようになりました。Linux用x86_64アセンブリ言語プログラミングについても書いていま […]

対象読者 これは、プロジェクトのITインフラへのアクセスや管理でLinux ワークステーションを使用しているシステム管理者向けの資料です。 システム管理者が遠隔から管理をしている場合は、ワークステーションが主要なセキュリ […]

(訳注:7/24、いただいた翻訳フィードバックを元に記事を修正いたしました。) (訳注2:8/4、いただいた翻訳フィードバックを元に記事を再修正いたしました。) この2010年代にLinuxシステムの管理者をしていれば、 […]

Linuxのスレッドは、洗練された美しい設計です。スレッドは仮想アドレス空間とファイルディスクリプタテーブルを共有するプロセスに過ぎません。プロセスによって生成されたスレッドは、メイン”スレッドの&#8221 […]

今でも、systemdのjournalにおけるバイナリのストレージフォーマットに関して、不満を漏らす人が多くいることに私は驚きを隠せません。私は長年、システム管理者として働いてきており、1年以上もsyslog-ngのオー […]

完璧な人間はいません。プログラマならなおさらです。数日をかけて、自分が犯したミスを直すため、作成にかかったのと同じだけの時間を費やします。ですが、まだそれは運がいい方です。大抵は気づかぬうちにバグがとんでもないところに潜 […]

Key-Valueストアからロックサーバに至る、あらゆる実行中のサイトのシステムパフォーマンスは、今なお、主にレイテンシやスループットで測定されています。 サーバのI/Oパフォーマンスでは、これが重要となります。高性能な […]

Makeは、様々なタイプのファイルのビルド作業を自動的に行ってくれるシンプルかつ強力なツールです。しかしながら、makefileを書く際に問題にぶち当たるプログラマもいれば、Makeの基本知識がないことで、既存のものを再 […]

現代のプログラマを取り巻く世界には無数の方法で組み合わされた、たくさんのUnixツールがあふれています。優れたツールは開発環境とシームレスに統合されますが、そうでないツールは使うたびに不満がたまっていきます。また、優れた […]