背景と導入 何十年もの間、CやC++の標準規格は、マルチスレッディングや並行処理を「その標準の範囲を超えたもの」として扱ってきました。標準規格の目的である”抽象機械”の力が及ばない、” […]

(注:2017/07/06、いただいたフィードバックを元に翻訳を修正いたしました。) この記事は、LLVMコンパイラ基盤を使ってリサーチをする人のための入門書です。これを読めば、コンパイラに全く興味のない大学院生も、楽し […]

現代のコンピュータのアーキテクチャに搭載されている高速のキャッシュメモリは、参照の局所性に優れた(=一連のものとしてアクセスした要素が、互いに近いメモリのアドレスに配置されている)データ構造を好みます。これは、Boost […]

私の前回の記事では、Heartbleedバグを早めに見つけられないことは、ある意味で改良とデプロイの失敗となると論じました。そうでなければ、これは静的解析にとって効果的なテクノロジーです。特に、商業的な静的解析ツールは故 […]

この記事の目的は、機械学習ソリューションを大規模に展開するための実用的なガイドを提供することです。全てのものが正しいと立証されたわけでもありませんし、また最適であるとも限りません。私たちが実際に展開した際には、いくつかの […]

以前書いた(C言語についての)メモリ安全性について定義した記事について、型安全性について説明する記事も投稿してほしいというコメントがありました。型安全性についてはかなりよく知られてきていると思いますが、ズバリこうだと簡単 […]

コード構造における重要な問題として、複数のクラスを共有する場合に合成と継承のどちらを用いるかという点があります。“has a”の関係と、“is a”の関係と言われる2つの対比です。例えば、“ソファには綿が入っている”と、 […]

常に世界のどこかで誰かが、この世で一番のプログラミング言語は何かというトピックで投稿し、忘れ去られた言語のすばらしい一面や、新しい言語の有用性を主張しています。どうやら、その順番が私に回ってきたのかもしれません。そろそろ […]