これはDefrag 2014の講演内容です。 テクノロジに長く従事することの(数少ない)利点の1つは、いくつもの技術サイクルの始めから終わりまでを見ることができるということです。いかにしてブレークスルーが実際に広まるかを […]

「私が滑っていく先はパックが向かう所であり、パックがあった所ではない」-Wayne Gretzky CoreOSとDockerの間で最近、騒動がありました。DockerはCoreOSのクラスタ管理の領域に入り込むために構 […]

私はこのところしばらく仕事でVMやコンテナを扱っていましたが、大学のいくつかのプロジェクトでJavaのコードを書かなければならないときは未だにvimを使用せず、新たに本格的なIDEをインストールしなければなりませんでした […]

Makeは、様々なタイプのファイルのビルド作業を自動的に行ってくれるシンプルかつ強力なツールです。しかしながら、makefileを書く際に問題にぶち当たるプログラマもいれば、Makeの基本知識がないことで、既存のものを再 […]

Dockerレジストリは、今やあふれんばかりの状況です。これを書いている時点で、”node”と検索すれば、1000件弱の結果がヒットします。どうやって選べばいいのでしょうか? いいDockerイメ […]

現代のプログラマを取り巻く世界には無数の方法で組み合わされた、たくさんのUnixツールがあふれています。優れたツールは開発環境とシームレスに統合されますが、そうでないツールは使うたびに不満がたまっていきます。また、優れた […]

以前、OpenVzコンテナだった私の”ホームクラウド“と、私があらゆるビルドに関して”ビルドサーバ”のリビルドを推奨するようになったワケについて書きました。 Dockerは […]

このブログ記事は2014年5月21日に行った私の講演の内容に基づいています。 ここ数年、GNU/LinuxのディストリビューションはSysV initを避ける傾向にあり、代わりに多種多様な新しいinitシステムへと移行が […]

パイプラインは、最近のソフトウェアエンジニアリングにおいて、非常に便利な(そして驚くほど活用されていない)アーキテクチャパターンです。ソフトウェアでデータの流れを制御するためにパイプとフィルタを用いる考え方は、最初のUN […]

モノリシックがダメだからといって、マイクロサービスが解決策になるわけではない ソフトウェア開発業界は流行に左右されやすいという証拠に、今マイクロサービスが、いたるところで大騒ぎされています。”次の大ブーム&# […]

昨年と今年の冬学期に、私はCS149コースのティーチング・アシスタント(TA)を務める機会に恵まれました。CS149とはスタンフォード大学の並列プログラミングのコースです。講師を担当したのはAlex Aiken とKun […]

はじめに ウィンドウ関数はデータを処理する間、データの「ウィンドウ」を見ています。 “現在のクエリ行に関連している行の集合を対象として計算を行う能力”を提供します。 簡単に言えば、PostgreS […]