Haikuでは、オリジナルのベクター画像形式でアイコンを保存しています。これは「大半のOSでは、アイコンはビットマップで表示すれば十分だと考えられている」「ベクター画像にはSVGのような形式が他にもたくさん存在している」 […]

私の好きなディープラーニングの論文の1つがディープラーニングにおける畳み込みネットワークを使ったイス、テーブル、車の生成です。論旨はとても単純で、ネットワークに自分が描きたい物のパラメータを与えると、そのとおりにできあが […]

子供の頃、私はニンジンが嫌いでした。においや食感がイヤだったのです。しかし実家を出て、自炊をするようになってからニンジンが好きになってきました。ニンジンそのものが変わったわけでもないですし、私の味覚が変わったわけでもあり […]

小数のビット 情報理論の非直感的な点として、小数のビットがあるということが挙げられます。少しおかしな気もしますが、例えば0.5ビットの存在にどんな意味があるのでしょうか。 簡単な答えは次のとおりです。多くの場合、私たちが […]

交差エントロピー オーストラリアへ引っ越す直前、Bobは、私が作ったもう1人の人物、Aliceと結婚しました。私も、私の頭の中の他のキャラクターたちも驚いたことに、Aliceは犬好きではありませんでした。彼女は猫好きだっ […]

コードワードの範囲 コードの長さが1ビットなら使用できるコードは0と1の2つ、長さが2ビットなら00、01、10、11の計4つです。つまり1ビット増えるごとに、使用できるコードの数は2倍になります。 では、コードワードに […]

世界を考察する新しい方法を手に入れたときの感覚が大好きです。特に好きなのは、いずれ具体的なコンセプトに形を変えるボンヤリとした考えがあるときです。情報理論は、その最たる例です。 情報理論は、多くの物事を説明するための正確 […]

静的キューブマップリフレクション 前のパスの様々な動的リフレクション(とその制限)について述べましたが、今度はイメージベースドライティング(IBL)を用いた静的リフレクションの出番です。 この手法は、あらかじめ生成された […]

去る1993年、『DOOM』がゲームデザインやゲームメカニクスに根本的な変化をもたらしました。これは世界的な現象となり、John CarmackやJohn Romeroなど、開発に関わった象徴的な存在の名声を広げました。 […]

この記事は、去年私が書いた「Machine Learning in a Week(機械学習に挑んだ一週間)」という記事の続編です。その記事では、私が5日間集中的に機械学習を学び、のめり込んでいった経緯について説明していま […]

この記事は当初、私たちの論文を紹介する簡単な投稿のつもりだったのですが、最終的に膨れ上がってしまいました。結果として、十分な内容が詰まったものになったと思います。 ビデオゲームは、人工知能アルゴリズムをテストする最良の方 […]

(訳注:2016/10/1、頂きましたフィードバックを元に記事を修正いたしました。) 先月、ハンブルク大学の同僚たちと一緒にSummerSOC 2016でNoSQLの状況についての講演をしました。メンバーは、Felix […]