リモートワークチーム用の究極のツールボックス:必須ツール15選

リモートチームの一員である場合、適切なツールを見つけるのは難しいことがあります。企業文化の決定、進捗、生産性には欠かせません。ツールの選択次第で会社を作ることも壊すこともできるので、適切なツールを選んでいるか確認してください。

テクノロジーに意味はありません。大切なのは人々を信じることです。優秀で賢い彼らにツールを提供すれば、そのツールですばらしいことをしてくれるはずだと信じるのです。 – スティーブ・ジョブズ

Sqwiggleでは様々なツールをテストしました。リモートワーカーの生活を向上させる、私たちのお気に入りのツールのリストをご紹介しましょう。

ツール

1. iDoneThis – 非同期チームアップデート

(無料/プレミアムアップグレードあり)

チームについていくための受動的な方法を探しているなら、iDoneThisを試してみてください。iDoneThisはシンプルなメールリマインダです。返信すると、全員の進捗が翌朝にデイリーダイジェストとして送信されます。とてもシンプルですが、受動的な非同期通信に対して信じられないほど強力です。

2. Sqwiggle – リモートチーム用チャット/ビデオ会議

(無料体験版あり)

Sqwiggleはリモートチーム向けに設計された通信アプリです。アプリを1日中起動して、チームからの視覚的なステータスアップデートを受信してみてください。話したい時は、画像をクリックして話し始めるだけです。呼び出しや受け付けの手間をかけずに、すぐに話し合うことができます。

3. Screenhero – 画面共有コラボレーション

(1ユーザ当たり月額9.99ドル)

Screenheroは冗談抜きですばらしい画面共有ツールです。2つのマウスカーソルの同時操作やボイスチャットなどの機能が特徴です。ペアプログラミングを行ったり、仕事仲間と一緒に設計したり、何か共同作業をする場合、Screenheroを試してみてください。

4. Zapier – Web/アプリ自動化

(無料/プレミアムアップグレードあり)

Zapierを使えば、Webエクスペリエンスを自動化して1日の時間を節約できます。Zapierは2つのアプリを連携させてタスクベースの操作を実行します。アプリAでイベントが発生したら、それをトリガとして、アプリBで別のアクションが実行されます。反復作業を避けてワークフローを最適化することで、かなりの時間の節約になります。

5. Every Time Zone – タイムゾーンの視覚化

(無料)

中国やニューヨークの時間が常に気になるなら、Every Time Zoneはあなたにピッタリのアプリです。シンプルですが強力なツールで、自分のタイムゾーンに連動した現在時刻を全て視覚的に表現します。視覚的に面白いUIで素早く簡単に世界中の時刻を参照できます。

6. Prezi – クラウドベースのプレゼンテーション

(月額4.92ドル、初月無料)

Preziは、すばらしいユーザエクスペリエンスに包まれたシンプルなクラウドベースのプレゼンテーションツールです。PowerPointに苦しめられた暗黒の日々は忘れてください。Preziを使ってプレゼンテーションを次のレベルへ進めましょう。

7. Glui – 共有可能スクリーンショット

(無料)

処理が速く、共有可能なスクリーンショットが必要になったことがありますか? Gluiを使えば、アプリのスクリーンショットを撮り、ボタンをクリックするだけで注釈を付けて自分のDropboxに直接アップロードすることができます。Evernoteの容量を減らすことのない、改善されたSkitchのようなものだと考えてください。

8. HelloSign – グループ署名

(無料/プレミアムアップグレードあり)

私はいつも文書に署名します。しかし、恐らくUXデザイナーの血が騒ぐのでしょうが、既存の署名アプリには満足できるものがほとんどありません。HelloSignは、すばらしくシンプルなUIと簡単に共有できるドキュメントストレージによって、署名アプリに新風を吹き込みました。文書に簡単に署名し、それを共有したいのなら、HelloSignを使ってください。

9. Point – リンク/コンテンツの共有

(無料)

Pointは、仕事仲間と楽しくて面白いリンクを共有できる、全く新しいタイプのツールです。独自の共有インターフェースで、クリック1つでWeb上にリンクを追加することができるChrome拡張機能です。コメント、タグ、他の便利な機能も使えます。

10. Workflowy – ブレインストーミング/To Doリスト

(無料)

Workflowyは自分で記述する”頭の中を整理するツール”です。他のアプリとは違う核となる点は、シンプルなのに驚くべき能力のインターフェースです。あなたが頭で考えるのと全く同じように情報を記憶できるようにデザインされています。ブレインストーミングのツールとして、To Doリストの整理や、未来のプロジェクトの計画を綿密に立てるために使ってください。

11. Blossom.io – アジャイルプロジェクト管理

(月額19ドル/体験版あり)

Blossomは、使いやすさを念頭に置いたアジャイルプロジェクト管理ツールです。実装のプロセスを通して、チームが問題に集中し、追跡できるようにデザインされています。本当に役立つプロジェクト管理のツールが必要でしたら、ぜひBlossomを試してみてください。

12. Doodle – 簡単なスケジュール管理

(無料/プレミアムアップグレードあり)

複雑な日程表の組み立てに、かなりの時間悩まされた経験はありますか? Doodleなら考える手間を省いて、予定を調整するプロセスを簡単にすることが可能です。空いている時間帯を表示してくれるので、都合いい時間を選べばいいだけです。

13. Hackpad – チームコラボレーション

(無料/プレミアムアップグレードあり)

Hackpadはリアルタイムと非同期のどちらでも使える、すばらしいコラボレーションツールです。グループのTo doリストでタスクを管理したり、マイルストーンを追跡したり、他にも様々なことが可能です。Hackpadでは、コラボレーションのアプリに必要な全てのことが無駄なくできるのです。

14. Draft – 作家のためのコラボレーション

(無料)

Draftは、共同で作業する作家のための、すばらしくシンプルな”バージョン管理ツール”です。”Hemingwayモード”といった機能を使って、文章を書いた後に編集することができます。Draftは全ての作家が使いこなすべきアプリです。

15. Syncspace – iPadのホワイトボード

(App Storeで無料)

私と同じくiPadに依存した生活を送っていますか。Syncspaceは友達や仕事仲間と共有できる、iPadのコラボレーションスペースとホワイトボードです。誰かを招待するだけで、一緒に絵を描くことができるのです。SyncSpaceは全てのリモートワーカーの武器となる、すばらしいツールです。